ホホバオイルTOP > ベビーケア

ホホバオイルでベビーケア

生まれたばかりの赤ちゃんとのコミュニケーションのひとつであるベビーマッサージ。ベビーマッサージは親子の肌の触れあいを促し、赤ちゃんに安心感を与えるものとして、近年の育児法のひとつに取り入れられています。

ベビーマッサージでは、すべりを良くするためにオイルを使いますが、中でも人気が高いのがホホバオイルです。

無臭で黄金色をしたホホバオイルは、無添加、無着色、無香料なので、赤ちゃんのデリケートな肌にも安心して使うことができるほか、ミネラルやアミノ酸、ビタミンE、天然トコフェロールなどが含まれており、赤ちゃんの肌を健やかに保つことができます。

マッサージするお母さんの手にもスキンケア効果が働くので、マッサージオイルとしてはまさに一石二鳥と言えるでしょう。

湿疹が出来たら

ホホバオイルは自然の殺菌作用もある安全なものですが、初めて赤ちゃんにホホバオイルを使用する際、一時的に湿疹ができることがあります。

お母さんとしては心配してしまうところですが、これはマッサージ効果で代謝が高まり、老廃物が外に排出されたときに起こる一時的な現象なので、過度に心配する必要はありません。

その証拠に、注意深く赤ちゃんを観察すると、代謝の促進によって便の質や出がよくなったり、ご機嫌になったり、よく眠るなどの良好な変化が見られるはずです。

湿疹は1週間ほどで徐々に治っていくので、まずはベビーマッサージを続けながら様子を見てみることをおすすめします。

マッサージ以外の用途とパッチテスト

ホホバオイルは体中どこでも使うことができるので、赤ちゃんの肌トラブルにも大活躍します。

乾燥性湿疹や、眉や頭に脂肪がかさぶたになっているときなどにも、ホホバオイルを使うことで症状を改善できます。

おむつかぶれにも使えますが、おむつが合わない可能性やおむつを取り替えるタイミングなども含めて対処することをおすすめします。

ホホバオイルはとても安全なものですが、赤ちゃんによっては一種のアレルギー反応を起こす場合があるので、使用前に腕や太ももの内側など、皮膚が柔らかい部分に10円玉大に塗って20分から30分置き、赤みやかぶれなどの症状が出ていないかを確認するようにしましょう。


ページ上部へ戻る